メニュー

花クリニック

本日の診療は終了しました。6日(月)の診察は午前中休診。午後2時から診察開始とさせていただきます。
★院内にお入りの際は、マスクの着用のご協力をお願いいたします。

★★電話再診も厚生労働省の通達により、再診の方は、診察なし、お電話のみで処方箋をご希望の薬局にFAXすることができます。ご希望の方はお問い合わせください。初めての方は診察が必要です。空いている時間帯をご案内しています。
★当院では新型コロナウイルスの診断等に対応致しておりません。熱が続いている方、咳などの呼器症状がある方、倦怠感が強い方などは下記までご連絡ください。つくば市役所029-581-9287 茨城県庁 029-301-3200 厚生労働省相談室 0120-565653

鼻中隔彎曲症の症状と治療

鼻中隔と鼻中隔彎曲症

鼻中隔は、左右の鼻腔の真ん中にある「仕切り」です。
鼻中隔の構造は、前の方が軟骨の壁、後ろが骨の壁であり、表面には粘膜で覆われています。鼻腔内から見ると他の部位と同様に粘膜として確認できます。
鼻中隔の変形が大きいと、呼吸に支障が出たり、出血しやすい、かさぶたができやすい等粘膜の負担が大きくなります。この状態が、鼻中隔彎曲症です。
鼻中隔彎曲は、総鼻道(空気の通り道)を狭くして、アレルギー性鼻炎の症状を悪化させることがあります。
また、鼻中隔彎曲は、中鼻道(副鼻腔からの粘液の出口)を狭くしているため副鼻腔炎が治りにくくなります。
これら空気の通り道や鼻汁の流れを妨げている場合には、この彎曲を治す必要があります。

鼻中隔彎曲症イラスト説明

鼻中隔彎曲症の原因と症状

鼻中隔彎曲症のイメージ写真

鼻中隔彎曲症の原因は、顔の発育とともに鼻も発育しますが、骨の板より軟骨の板のほうが発育が盛んなためその発育の違いにより彎曲がおこります。
また、強い外力(交通事故、転落、スポーツ外傷)などで、彎曲が起こることもあります。
鼻中隔の変形が大きいと、呼吸に支障が出たり、においがわからない、鼻の粘膜への負担(出血しやすい、かさぶたができやすい)が大きくなり、「鼻中隔彎曲症」と診断されます。

鼻中隔が彎曲していると、総鼻道(空気の通り道)を狭くし、アレルギー性鼻炎の症状を悪化させることがありますし、中鼻道(副鼻腔からの粘液の出口)を圧迫して、副鼻腔炎が治りにくくなります。