メニュー

花クリニック

12月15日(土)の診察は、15時35分にて終了しました。
■お知らせ■
12月17日月曜日の診察は午前9時からとなります。
12月1日より、耳・のど・鼻 一般外来が始まりました。
中学生以上の方、インフルエンザ予防接種承ります。
年末年始は、2018年12月30日(日)から2019年1月3日(木)までお休みします。

アレルギー性鼻炎、花粉症の鼻レーザー治療:茨城県つくば市花クリニック


アレルギー性鼻炎、花粉症のレーザー治療について

レーザー治療は鼻の中の粘膜を凝固して変性させる事によりアレルギー症状を緩和させる治療です。 徐々に粘膜は再生するので花粉症が完治するわけではありませんが、シーズン前に治療すればその季節あるいは1〜2年は症状が改善されます。 治療は簡便で比較的高い効果があり、出血もなく簡単な表面麻酔で治療ができ、治療時間も麻酔時間込みで約30分程度です。

  • アレルギー性鼻炎のレーザー治療デモ写真

  • 鼻レーザー手術のデモ写真

このような鼻の症状の方にオススメです

  • * 花粉症の時期だけでなく、一年中鼻閉の症状がある方
  • * 仕事や学業で継続して通院が困難な方
  • * 薬を服用しても効果があまり得られない方
  • * 眠気や口の渇きなどの薬の副作用があらわれやすい方

年齢は10歳から可能です。(診察台に座り動かず治療が行う事ができれば可能です)


鼻のレーザー治療の時期は

レーザー治療はアレルギー反応が強い時期には行う事が出来ません。

例えばスギ花粉症の場合は、10月から12月が最適な治療の時期です。
ハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎の場合、症状が長く、長期間薬の服用が必要ですのでシーズン中でも治療を行います。
治療でアレルギー反応を抑えながら、レーザー焼灼を行うことができます。


鼻のレーザー治療の流れ

  1. 診察
    レーザー治療が適切であるかどうかを調べるため、鼻腔内の診察やアレルギーの原因を調べる検査を行います。レーザー治療の適応であれば予約をお取りします。
  2. 鼻の処置、局所麻酔
    予約日に来院し、お鼻の処置をして鼻腔内をきれいにします。その後、表面麻酔をします。
  3. レーザー治療
    鼻腔内で麻酔が効いた後、レーザー治療を行います。出血などもほとんどないので治療後は特にガーゼなどの詰め物は入れません。10分ほど様子をみてお帰りいただきます。

鼻のレーザー治療についてよくあるご質問

Q. 手術前日に特に注意することは?
A. 比較的安全な手術ですが、手術前日は過労、暴飲暴食、飲酒を避け、睡眠をよく取って体調を整えて来院してください。体調が優れない場合は遠慮なく申しつけください。
Q. 治療効果はどのくらい続くの?
A. レーザー治療は、あくまでも鼻の症状を軽減する治療であり、永久的に完全に症状をなくしてしまうものではありません。個人差がありますが、平均して約半年〜1年程度です。