メニュー

花クリニック

1月19日土曜日の診察は、15時41分で終了いたしました。
1月21日月曜日は、初診・再診の受付診察をしております。お電話にてご予約ください。当日受診お受けしております。
中学生以上の方、インフルエンザ予防接種承ます。

最新情報 rss


2017年12月15日(金)

繰り返す鼻の症状は原因治療の必要性もあります

鼻の症状が繰り返す場合は日帰り手術で原因治療もできます
今年もあと残りわずかになりました。つくば市内もクリスマスのイルミネーションが点灯しています。

気温も低くなり、湿度も低く乾燥すると、風邪をひきやすくなります。
風邪をひいた後や、風邪などをきっかけに、「一年に何回も鼻づまりや鼻水が悪化して、その度になかなか治らない」、「しばらく通院して治療すると症状がおさまるけれど、最近は顔や頭も痛くなる」などでお悩みはありませんか?

鼻の症状を繰り返したり、治りにくくなったりする要因としては、鼻腔の構造に狭い部分があることが考えられます。特に、副鼻腔(鼻の周りに広がっている空洞、詳しくはこちらから)は、鼻腔とつながっている道筋が狭いと、中に炎症が残りやすくなります。鼻の症状以外に、顔やおでこの重い感じ、痛みが出ることもあります。炎症が落ち着いているときでも、副鼻腔に炎症が残っていると、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の状態です。
鼻腔と副鼻腔の詳しい検査をして、その構造で狭い所がないかどうか、その部分を広げることができるかどうかを調べます。構造を広げる治療は、内視鏡を使った手術で、鼻腔から副鼻腔までに至る道筋を、直接見ながら拡大することができます。炎症の範囲がそれほどひどくないと、局所麻酔の日帰り手術も可能です。