メニュー

花クリニック

6月19日水曜日の診察は、18時16分で終了いたしました。
6月21日金曜日の診察は午前8時30分からとなります。
初診の方は随時予約受付中です。
お電話にてお問い合わせください。

鼻中隔彎曲症の日帰り手術

日帰り手術:鼻中隔矯正術

鼻中隔彎曲症と診断された場合には、彎曲の構造自体を治す必要がありますので、「鼻中隔矯正術」という手術を必要とします。鼻中隔彎曲症の手術は、日帰りで行うことが可能です。
最初に鼻中隔の粘膜に切れ目を入れて、軟骨や骨から粘膜をいったん剥離(はがす)し、取り除くことなく鼻内に保存しておきます。
次に、軟骨や骨を確認しながら曲がっている部分を切除します。
最後に鼻中隔粘膜を元通りにもどして手術は終了します。


鼻中隔彎曲症の日帰り手術と通院について

手術のあとは、出血を抑えるためのガーゼを入れて、鎮痛剤を内服しながら、状態の安定していることを確認の上、帰宅していただきます。 
手術後は、中に残った粘液や血液のかたまりを取り除くため、続けて通院していただきます。
治癒の経過により、漸次、通院間隔を空けていくことになります。